夏目先生の好きなもの日記

好きなもの紹介日記

【保湿成分】ヒアルロン酸とは【シワ、たるみとの関係】

 

ヒアルロン酸とは

 

 

 

よく見かける美容成分「ヒアルロン酸」。

 

 

保湿成分として化粧品に使われたり、

 

シワ取りのために注入したり、

 

軟骨の減った膝に注射したりで、

 

有名な成分ですね。

 

 

 

では、一体ヒアルロン酸とはどんな物質なのか。

 

 

 

ヒアルロン酸は、グリコサミノグリカンの一種である。

 

グリコサミノグリカンとは、長鎖の多糖のことであり、

 

多糖とは、

単糖分子がグリコシド結合により重合した物質の総称である。

 

 

N-アセチルグルコサミングルクロン酸 の二糖単位が連結した構造をしており、

 

極めて高分子量であり、分子量は100万以上と言われています。

 

≪高分子≫

*原子の数が千個程度以上

*分子量が1万程度以上

のものが高分子と見なされるよ。

 

 

...うん。

 

ちょっと、理系じゃないと聞きなれないような言葉が多かったかな。

 

失敬。

 

化学的に言い過ぎたかな。

 

 

気を取り直して。

 

 −−

 

ヒアルロン酸は、体の中の、関節、皮膚、脳などの

 

細胞と細胞の間に存在していて、

 

水分の保持や、クッションの役割をしてくれているんだって。

 

だから、保湿成分として使われていたり、

 

関節に注射したりしているんだね。

 

 

もともと、体内にある物質なのだけど、

 

加齢とともに減少していくというのが残念だね...。

 

 ヒアルロン酸が減少すると、肌の保水力が低下し、

 

結果、お肌の弾力、ぷるぷる感が減少し、

 

シワやたるみが目立ってしまうそうだ。

 

また、ヒアルロン酸コラーゲンエラスチンとも影響し合うようで、

 

これらはバランス良く摂ると良いそうだ。

 

コラーゲン、プラセンタ、ヒアルロン酸など美容サプリは京都薬品ヘルスケア

 

 選べる5種100円サプリ!⇒詳細はコチラ